○登米市学校給食有機栽培米活用事業実施要綱
平成20年3月28日
告示第70号
登米市学校給食有機栽培米活用事業実施要綱(平成18年登米市告示第109号)の全部を改正する。
(趣旨)
第1条 この要綱は、食育基本法(平成17年法律第63号)で規定する食育の推進並びに環境保全型農業の啓発を図るため、登米市産環境保全米を学校給食で活用する登米市学校給食環境保全米活用事業(以下「本事業」という。)を実施するものとし、その実施に関し必要な事項を定める。
(事業内容)
第2条 本事業における登米市産環境保全米の要件及び活用については次のとおりとする。
(1) 農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(昭和25年法律第175号)第17条の2第1項の規定に基づき登録された登録認定機関により認証を受けた、登米市産有機栽培米(以下「有機栽培米」という。)及び特別栽培農産物に係る表示ガイドライン(平成4年4食流第3889号)の規定に基づく登米市産特別栽培米(化学合成農薬及び化学肥料窒素肥料を一般的に使用されている回数(または量)の二分の一以下で栽培されたものをいう。以下「環境保全米」という。)とする。
(2) 環境保全米は、学校給食において通年活用するものとし、食育推進基本計画で定める6月及び宮城県食育推進プランで定める11月については、とめ・ふる里食..の日で定める金曜日を原則とし、有機栽培米を活用する。ただし、学校行事及び給食センターの事情により活用ができない場合にあっては、この限りでない。
2 学校給食で活用する有機栽培米並びに環境保全米を供給及び納品する団体は、次に掲げるものとする。
(1) 有機栽培米の供給及び納品は、農業協同組合法(昭和22年法律第132号)の規定に基づき市内に設置された農業協同組合(以下「農協」という。)とする。
(2) 環境保全米の供給は、財団法人宮城県学校給食会(以下「県給食会」という。)とする。ただし、納品については、前号に規定する農協とする。
(活用報告)
第3条 市内各給食センターは、環境保全米及び有機栽培米を活用するときは、次のとおり報告するものとする。
(1) 環境保全米の活用については、県給食会で定める学校給食用米穀購入計画書により県給食会へ報告するものとする。
(2) 有機栽培米の活用については、活用数量を活用月の前月20日まで農協代表理事組合長へ有機栽培米活用数量計画書(様式第1号)により報告するものとする。
(経費負担)
第4条 本事業で市が負担する経費は次のとおりとする。
(1) 本事業は、予算の範囲内で実施する。
(2) みやぎ米飯学校給食支援方式米の単価と環境保全米及び有機栽培米の単価の差額相当分を、市が負担金として農協へ交付する。
(負担金交付申請)
第5条 負担金の交付を受けようとする農協は、次に掲げる書類を、市長に提出するものとする。
(1) 登米市学校給食環境保全米活用事業負担金交付申請書 様式第2号
(2) 負担金算出基礎資料 様式第3号
2 前項の交付申請は、年度を上半期及び下半期に分けて行うものとする。
3 第1項の提出書類は1部とし、当該年度の上半期については9月末日、下半期については3月末日まで申請するものとする。
(交付決定)
第6条 市長は、前条の申請書の提出があったときは、その事実を確認し、負担金交付額を決定し交付するものとする。
(庶務)
第7条 本事業の庶務は、産業経済部において処理する。
(その他)
第8条 この要綱に定めるもののほか、事業実施に関し必要な事項は、別に定める。
附 則
この告示は、平成20年4月1日から施行する。

様式第1号(第3条関係)

年  月  日  

 

 農業協同組合代表理事組合長 様

 

給食センター所長       

 

有機栽培米活用数量計画書

   年  月分の有機栽培米活用数量について、登米市学校給食環境保全米活用事業実施要綱第3条の規定により下記のとおり報告します。

1 活 用 月 日            年  月  日

2 みやぎ米飯学校給食支援方式米単価       円/kg

3 活用数量               kg

区分

一食当たり数量(g)

対象者数(人)

必要数量(g)

幼稚園

 

 

 

小学校

 

 

 

 

低学年

 

 

 

中学年

 

 

 

高学年

 

 

 

中学校

 

 

 

教職員等

 

 

 

合計

 

 

 

※ 活用数量については、5kgに区切るものとする。

様式第2号(第5条関係)

番     号  

年  月  日  

 登米市長    様

団体名             

代表者 住所             

氏名          印  

電話             

登米市学校給食環境保全米活用事業負担金交付申請書

   年度  半期において下記のとおり環境保全米を納品したので、負担金を交付されるよう登米市学校給食環境保全米活用事業実施要綱第5条の規定により関係書類を添えて提出します。

1 納品期間     年  月分から  年  月分まで

2 納品数量     (1) 有機栽培米          kg

          (2) 環境保全米          kg

3 申請額                     円

様式第3号(第5条関係)

負担金算出基礎資料

半期分

単位: kg

給食センター名称

環境保全米

合計

有機栽培米

月分

月分

月分

月分

月分

月分

精米

玄米

精米

玄米

精米

玄米

精米

玄米

精米

玄米

精米

玄米

精米

玄米

精米

玄米

佐沼中学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北方小学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新田学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐沼小学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東和学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中田学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊里・登米学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

米山学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石越学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南方学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

津山学校給食センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合計

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※各給食センターにおいて使用した、有機栽培米及び環境保全米の精米並びに玄米数量を記載すること。